読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪見、月見、花見。

ぼーっと考えたことを書いています。

名言っぽいど

お客様は神様です

「物事は客観的に見るべき」といつも言う人が、自分と違う意見に対して「主観的な意見に過ぎない」と聞く耳を持たないことがあるけれど、それこそ「主観的な発想」なんじゃない?他人の「主観的な」意見は自分だけでは絶対に得られない視点で、世の中それほ…

からふる

「白紙のままにしておく、黒く塗りつぶす。確かに色の配合の判断は難しいから、いっそ何でも極端にする方が簡単だよね。でも、その色作りが一番大事で、一番楽しくて、一番自分らしくなれるところなのよ。せっかくの人生、白と黒の合間に無限に広がる色の世…

死ぬ気、生きる気

「もし、あと数ヶ月の命だとしたら?あれもして、あそこにも行って、あの人にも会って。そう、死ぬ気ならしたいこと山ほど浮かぶし、しちゃうはず。問題は死ぬ気になるのが死の五分前か、数日前か、数ヶ月前か、数年前か、一生なのか。実は死ぬ気こそ生きる…

負け犬の遠吠え

「食わず嫌いと負けず嫌いはどっちが偉いと思う?当然後者さ。食わず嫌いは勝負から逃げてるが、負けず嫌いはちゃんと闘ってるからな。――そう、食わず嫌い野郎は確かに勝負に負けちゃあいない。でも、それは正確には負けてさえないってことなんだよ」— 雪見…

悔しさをバネに

「悔しい・・そう、悔しいよね。悔しいのは辛いよね。でも、悔しいって気持ちは実はすごくいいことなんだ。痛いとか悲しいとか他の苦痛とは違って、悔しいって気持ちはより良くなりたい、より良くしたいって自分の前向きな気持ちが無いと起きないものだから…

Succeeding Success

「何もないところから成功するのも大変だけど、成功してるところからもう一度成功するのはもっと大変。あいつにはできっこないと言われるのは人間かえって奮起するもの。でも、あいつならできて当然って言われると、けっこう人間って脆いのよね。」— 雪見さ…

ひとりぼっち

「口を開けば孤独孤独って・・何だか勝手に独りで生きてるつもりみたいだけど、その服は誰が作ってるの?その米や野菜は誰が育ててるの?そこのテレビは?パソコンは?あのね、誰とも会わず話さなくても、生きてりゃ人のお世話になってんのよ。孤独?ふん、…

嘘つきは見てる

「どんなに嘘が上手くて、敵も味方も、家族も恋人も、お天道様だって騙せたとしても、絶対に騙せない人が1人いる。それはあなた自身。嘘をつく度、同時に嘘をつかれてるのと一緒。嘘をつかれるのは辛いでしょ。いつかは心も限界になる。だから無理せず、自…

以心伝心

「思っていても、言わないのは、思っていないのと一緒。斬新なアイディアも、ムカつくアイツへの不満も、あの人への大切な気持ちも、全部そう。前から思ってた、一番想ってたと文句を言う前に、ちゃんと言ってる?伝えてる?あんたはテレパシーなんて使えな…

アドバイス

「大事なのはどんなに悩ましくても最後は絶対に自分で決めること。たとえ人の意見に従うとしても、その人に従うと決めたのはあなた自身なんだから、それはあなたが決めたのと同じ。それを人のせいにするのはおかしいでしょ?あなた以外の誰もあなたの選択に…

愛に恋よ

「愛」は「会いに行く心」、「恋」は「来いと願う心」。「愛」は能動、「恋」は受動。「恋がしたいな」と嘆いているうちはまだまだ受け身ってことだよねー。— 雪見さん (@snowy_moon) 10月 26, 2012 P.S. 恋は勝手に始まっちゃうけど、 愛は自分で始めない…

いい子、悪い子

よく言う「いい人」って「都合のいい人」って意味なんだって。「いい子」「悪い子」も実は一緒。「あの子は親や先生の言うことを聞くいい子ね」ってのも「都合のいい子」ってことだもんね。そんな「いい子」を育てようとしてる「教育」って一体何なのかな。…

未来への投資

「将来のために若いうちにがんばれ」って言われる。でも、お歳を召された皆様が揃いも揃って「ああ、あの頃に戻りたい」とも嘆いてる。若い頃を犠牲に老いた日々を買うのってそんなに正しいかな?私はどっちの時期もその時その時大事に生きるのが一番なんだ…

借り物競争

――ふーん、君は僕の作品をパクリと言うんだね。じゃあさ、そういう君が今話してる言葉は、君の発明?違うだろう?所詮、親兄弟、友人あるいはテレビ、新聞などから聞いて覚えた言葉の寄せ集めじゃないか。一体どこに君のオリジナルがあるのかな?僕から言わ…

成功と失敗の方程式

失敗したくないのなら、何もしなければいい。成功したいのなら、何かするしかない。成功したいけど失敗はしたくないというのなら、布団の中で夢でも見てたらいいんじゃない?— 雪見さん (@snowy_moon) 10月 17, 2012 P.S. いえ・・・何となくtwitterも活用…