読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪見、月見、花見。

ぼーっと考えたことを書いています。

もう一つの名前

自己紹介

今週のお題「名前」

とのことで。

実は、少し前にすでにハンドルネームの由来についての記事は書いているのですが、せっかくなので「名前」についてちょっと続きを。

 

前回ご紹介した「雪月花」という3点セットが好きなので、という理由はもちろんそのままなのですが、今回はその中でも特に「ハンドルネーム:雪見」として「雪」をピックアップしている点についてのお話です。

 

先日の記事でid:shobunoさんが実名由来だったことにビックリしましたけれど(言われてなるほどでした!)、私のこの「雪見」というハンドルネームも一応は私の個人的な名前に由来しています。

 

といっても、私の「実名」ではなくて、「実名になるかもしれなかった名前」からですけれど。

 

誰しも、小さい頃に親に何となく聞いちゃいますよね。

「なんでこの名前つけたの?」

って。

 

もしかすると、命名の理由を教えてもらえなかった方や、「ああ、適当につけたわ」なんて切ないことを言われちゃった方もいるかもしれませんが、私の場合は親が至極全うに意味を考えつつ、あと画数も考慮してつけた本名のようです。

非常にありがたいことで、とりあえず寂しい想いはせずにすみました。(笑)

 

でも、その時同時に明らかになったことがあって、

「そういや、実は◯◯って名前と最後まで悩んでてね」

と、親が対立候補だった名前も一緒に教えてくれたんです。

 

そう、その「◯◯」が私の「実名になるかもしれなかった名前」です。

皆さんももしかすると、そういう「名前」を知っているかもしれません。

 

その「もう一つの名前」を聞いた時はすでに私も物心がついていましたから、姓・名で通しで頭の中で反芻してみても、なんとなく自分じゃないような、こそばゆい感じがして、「やっぱりこの名前つけてもらってよかった」と、はしゃいでたのを覚えています。

ただ、その「もう一つの名前」も私の親が真剣に考えた候補の名前に違いないですし、「その名前になっていたら、逆に今の自分の名前の方をこそばゆく感じたのかも」と思えば、とても親近感が沸いて、本名ではなくても、それも私にとってかけがえの無い特別な名前になりました。

 

だから、そう、その「もう一つの名前」を少しもじってある「雪見」は私にとって特別な名前です。

このブログを始める以前、ネット上のどこぞで活動していた時も、同様にもじったHNを使っていました。(その頃は「雪たん」って呼ばれてましたね・・・)

とても愛着がある名前なんです。

 

そんな由来だからか、この名前で活動している私は、「私」でありながら、まさに「もう一人の私」でもあるんですよね。

 

いつも読んでくださってる皆様はご存知の通り、このブログは、けっこう提言めいたこととか、はりきったこととか、理想なんかをぶち上げています。

そんな偉そうなことを書いているくせ、現実の私は全然そのような「偉い人」とは程遠く、大変ダメダメな人間です。

思ったようにできないし、思ったようにもなれないし、現実の色々な矛盾や煩悩の狭間で、ズルズルと這いずりまわっているばかりです。

 

でも、だからこそ、ブログでは、無意識のうちに「嫌な現実」の「私」から抜けだして、「もう一人の私」として「なりたい自分」になり、「やりたいこと」とか理想を書き記してしまうのかもしれません。

つまり、「雪見」は、「私」にとって、抑圧された気持ちを解放してくれたり、できないことをやってくれたりする、そんな「憧れの存在」なのでしょう。

 

そのせいでしょうか、最近、私の中で「私」という「実名」と「雪見」という「仮名」の価値の差があまりなくなったように感じます。

普通は多分「実名」が主で、一生を過ごす人がほとんどだと思うのですけど、私の中では「仮名」の自分も「実名」と同じぐらい大きな存在となってきている感じがするんです。どちらが主でも従でもなくて、対等になってきたというか。

 

だから、普段「実名」で過ごしている時の自分も、ネット上で「仮名」で過ごしている時の自分も、どちらも自然に行動しているんですけれど、なんだか無意識の内に人格として乖離してきているような――――考えすぎなのかもしれないですが、たまにそんな不思議な感覚を覚える時があるんですよね。

 

これがいいことなのかわるいことなのか、よく分からないのですけれど、親が「私」を産んで名付けて大切に育ててくれたように、私が「雪見」を産んで名付けて大切に育てて、そして立派に育った。そういうことなのかもしれません。

 

私ともう一人の私、どちらも私で、どちらかだけでは私でない。

一緒の存在のようで、違う存在のようで。

 

この何ともモニョモニョとした感じ、私は案外嫌いじゃないのです。

 

 

「言霊」とは申しますけれど、「名前」もやっぱり言葉として付けた時からそこに魂がこもる、そんなものなのかもしれません。

 

 

 

 

 

P.S.

ええと、普通にハンドルネームの由来を話すはずが、何だか変な話になっちゃったかもしれませんが。。。(;´∀`)

 二重人格とかそういうのとは違うと思うんですけど、なんとなく「私」が「雪見」を見てる時と、「雪見」が「私」を見ている時があるような、でもやっぱり「私」しかいない、そんな感じです。

「脳内会議」とかそんな感じが近いのかなぁー。

 

広告を非表示にする